子育て

もったいないばぁさんの威力

投稿日:2020年9月16日 更新日:

最近、ぴっぴ(長男)の保育園では踊りの練習をしているらしい。

保育園の送迎で、先生が「ぴっぴくん、おばあちゃんの真似がとても上手なんですよー」といってもらった。おばあちゃん…。どうやら腰に手をあてて、杖をついているポーズである。

我が家にはふたりのおばあちゃんが出入りしているがふたりともシャンと歩く若々しいばあばである。では、このおばあちゃん像は誰?

すると、連絡帳に「もったいないばぁさん音頭を上手に踊りました」の記述が。だ、誰なんだ

よくよくぴっぴに話を聞いてみると、その踊りの振り付けの中でおばあちゃんの動きが出るらしい。2歳児の説明を元にさっそくYouTubeでもったいないばぁさん音頭を検索してみた。

時代はドラえもん音頭やアラレちゃん音頭ではないのだね

どうやらもったいないばぁさんの絵本が元になった、もったいないばぁさん音頭が彼のハートをとりこにしているらしい。

お話の流れは、食べ残しや水のだしっぱなしなど「もったいないこと」をしていると、どこからともなくおばあちゃんがやってきてものの大切さを説くということなのだ。

この時代だからこそ、

「もったいない」という精神が改めて見直されているのだろうか。けっこういい話なのだ。だがしかし、このおばあちゃんがこわい。

ご飯を残してしまった男の子の家にどこからともなく上がり込み、男の子についた米つぶをべろべろーっとなめてとってしまうのだ。

それを見てこわくないのか我が子は。まぁ2歳児、踊りの楽しさにそういうところは見えないのだろうなと思った。1度見せたYouTubeは、次の日からルーティーンとなり、毎日もったいないばあさん音頭を踊る熱狂ぶりであった。

ところが、今日の風呂で湯船のお湯をバシャバシャと流すぴっぴに

「そんなことしてると、もったいないばあさん来るよー」

と、軽くいさめた。瞬間、ぴっぴの顔色はみるみる変わり、お風呂で大号泣を始めたのだ!

え、なんで?もったいないばあさん嫌いなの?

首を小さく縦にふる。

怖いってこと?

またまた小さく縦にふり、泣き続ける。

なんだよ、そんなこわいならあんな楽しそうに踊るなやー!と心でツッコミをいれつつ

「大丈夫、ママがもったいないばあさんに電話して来ないように言っとくから!」という謎の約束でぴっぴを安心させたのだった。

もったいないばあさん、あなどれん。

-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

けいゆう病院出産レポ2020年−2−

さて、我が家の2人目ぴーすけのお話。前回に引き続き、病院に行くか迷っていた午後3時の葛藤。 まだまだ痛さはないのに、間隔だけはいっちょまえに陣痛間隔。 ここで頭をよぎるのは無痛分娩が間に合うのかという …

no image

けいゆう病院の無痛分娩

イギリスの王室で子供が生まれた時に、さっそうと姿を現したキャサリン妃。ヨーロッパでは無痛分娩は結構スタンダードである。あの姿を見て「え、まだ数日しか経ってないやん」とツッコミを入れたいほど元気で晴れ晴 …

no image

コロナ下での妊婦健診

わたしの妊娠が発覚した頃、「新型コロナ」という言葉はもうあっただろうか。その年の年末に徐々に報道で数が増え始め、年明けの1月には「密になる」ということに気を使っていたように思う。 そこで気になってくる …

けいゆう病院の優雅な出産レポ−2017年−

このブログの主役はぴっぴ(息子)なのです。 妊娠が分かったとき、ちょうど旦那とけんかしていたときで本当に「子はかすがい」な存在になったぴっぴ。しかし、通っていた病院は産むための設備は整っていないのだ。 …

no image

出産のときの上の子は、夜編

出産に向けて旅行バッグに指定されたものを詰めていくのも準備だが、いざ産む時にぴっぴ(長男)をどうするかという準備も大切だ。 予定する帝王切開ではないので、朝なのか夜なのか急に病院に行くことになる。夫が …